電子タバコのリキッドについて

電子タバコとは、通常のタバコと違い副流煙を出ない事で有名です。特にリキッドと言われる電子タバコの元となる液体は種類も豊富で自分好みの味を見つける事が出来ます。電子タバコを販売している会社は世界各国にあるので、日本に輸入出来ないリキッドもありますが、殆どの場合は個人輸入も出来ます。ニコチンが含まれている場合では、日本での販売は認められていないので注意が必要です。実店舗のお店で購入する事が出来ませんが、ネット通販から購入が可能です。ニコチンの含まれている配合量は商品によって異なり、禁煙の為の補助として電子タバコを使用したいのであれば、ニコチンが含まれている物から徐々にニコチンを含まない物へと移行していく必要があります。また、電子部分によっては水蒸気量が多い商品もり、吸いごたえがある場合はニコチンを含まない物を選び、禁煙の補助として使用する事も出来ます。

電子タバコのリキッドベースについて

電子タバコのリキッドベースに使用される物として主に2種類あります。まずは、プロピレングリコールですが、これは食品添加物として多くの食品に使用されています。また、化粧品や歯磨き粉などにも使用されているので最も馴染み深い物です。次にグリセリンですが、アルコールの分類の1つとされており植物油から抽出して作られています。その為ベジタブルグリセリンとも言います。主にこの2つの成分をベースとして様々なフレーバーやニコチンを含ませる事で、多種多様な色や味を作り個々の電子タバコ会社の特色を出したりします。また、期間限定フレーバーなどもあるため飽きの来ない探求心を得る事も出来ます。どちらのリキッドベースを選ぶか迷う場合には、同じ様なフレーバーを2つのリキッドベースで選び、吸い心地を確認する事で自分に合うベースを選ぶ基準になります。

電子タバコのリキッドは交換できます

禁煙活動に使われる電子タバコのリキッドは自由に変更できます。リキッドの種類は多くいろいろな味が用意されています。味を変えることで禁煙活動に変化を付けることができます。複数の味を使い回すことができれば、それだけ禁煙活動はうまく進むことでしょう。電子タバコのリキッドはオンラインショップで購入可能です。本体に比べやすいのが特徴で、たくさんの味が販売されています。フルーツ味からクール系の味までいろいろあるので気に入った商品を購入すると良いです。商品は注文から2日から3日以内に到着します。到着した商品は本体に取り付けるだけで良いです。自動的に味が変更され、次に使うときは別の味になっています。使用頻度によりますが一回の交換で一週間は持ちます。それを繰り返し続けることができれば、禁煙活動は必ず成功します。